サプリメント

認知症を予防する

効果のある成分とは

老人

認知症の原因は未だ解明されておらず、病院から処方される薬のみでは治らないという現実があります。 そのため、日々の食事や運動療法、サプリメントやアロマ等様々なアプローチで認知症を予防または進行を緩やかにしなければなりません。 最近認知症に良いとされる栄養成分が解明されてきています。 今特に話題となっているものは荏胡麻やくるみ、ココナッツなどに含まれるオメガ3脂肪酸です。青魚などに含まれるDHAやEPAもこのオメガ3脂肪酸に分類されます。 その他、米ぬかに含まれるフェルラ酸や必須アミノ酸の一種であるグリシン、ポリフェノール、ビタミンEやCなどが挙げられます。 価格はメーカーやその成分、原材料などにより1か月あたり2000円から15000円とかなり開きがあります。 そのため、栄養成分や原材料、製造工程などを総合的に判断し、購入することが大切となります。

サプリメントが人気となる理由とは

前述のように認知症は現在の医療技術では治すことができません。 そのため、サプリメントや食事療法などに頼らざる負えない現状です。 また、認知症になる方の多くはご高齢ということもあり、食事療法や運動療法が大変難しいという現状もあります。 これらの理由から手軽に摂取できる認知症予防のサプリメントが人気となっているのです。 さらに、認知症のサプリメントの多くが認知症以外の症状の改善にも役立ちます。 例えばオメガ3脂肪酸の場合は活力や若さ、集中力を高める効果も期待できます。 他の栄養成分においても同様に様々な効果が期待できるため、認知症の予防のみならず多くの方が摂取できる栄養成分と言えます。 そのため、認知症のサプリメントは多くの方に支持を受け人気となっているのです。