サプリメント

合併症の危険

膝

ヘモグロビンa1cの値が高い状態であると糖尿病になるリスクが高まってしまいます。合併症を引き起こす恐れがあるので、未然に状態を把握し、改善を進めていくように心がけていくようにしましょう。

読んでみよう

糖尿病治療に最適

老人

現在では、ヘモグロビンa1cの値に働きかけるサプリメントが登場しています。このようなサプリメントを用いれば、副作用が心配されるインスリンでの治療を遅らせることが可能なのです。サプリメントは通販で手軽に購入が出来ます。

読んでみよう

認知症を予防する

老人

認知症は今の医療技術では感知できない病気です。そのため、手軽に予防できるサプリメントが人気となっています。特にDHAやEPAも分類に入るオメガ3脂肪酸は話題の栄養成分となっています。さらに、認知症のサプリメントは他の改善効果もあるため、老若男女問わず人気となっています。

読んでみよう

辛い毎日から抜け出したい

老人

突然の膝の痛みは、病気やケガによって誘発されます。また老化によって骨が弱り、剥がれ落ちた軟骨関節が滑膜(かつまく)という組織を刺激します。するとその異物を排除しようと免疫機能が働いて、滑膜から刺激成分を大量に排出します。この刺激物質と膝の組織(滑膜)が戦っている状態が膝の痛み、炎症です。この炎症が起こってしまうと痛みが酷くなる原因となるのですね。痛みを軽減させるサプリメントとして最も人気のあるのは、誰もが良く知っているコンドロイチンとグルコサミンでしょう。この二大成分は人の軟骨成分の一種ですので、膝の痛みの元となる炎症を抑える効果はあります。しかし、すり減った軟骨を修正したり、新しく作りだしたりする効果はありませんし、それぞれの原料によるアレルギーには十分注意することが必要です。

重篤な膝の変形などを除く、日常的な膝の痛みを軽減させたいのなら、コンドロイチンやグルコサミンといったサプリメントでも十分に効果が期待できるでしょう。しかし、どちらの成分も糖を多く含んでいるので、急激に血糖値を上げる恐れがあります。なので、糖尿病の方の膝の痛みには注意が必要で、安易に手を出すのはかえって危険なことになる可能性もあります。また、グルコサミンは甲殻類が原料ですので甲殻アレルギーがある人は気を付けないといけません。しかし注意をしっかり守れるのであれば、病院で薬を貰って飲むよりは通販などで気軽に手に入れられるサプリメントですので、日常的な痛みを和らげる効果は期待できるでしょう。サプリメントは栄養補助食品だということをくれぐれも忘れないで利用していきましょう。